VIO脱毛の総合情報サイト | VIO脱毛ちゃんねる

脱毛で麻酔してもほとんど意味がない理由

脱毛の麻酔

医療脱毛をする場合、とりわけ痛みを強く感じるVIO脱毛や膝脱毛やひざ下脱毛などをする場合、麻酔を検討する方が多いですが、

実は麻酔を使ってもあまり意味がなかったりします。

今回はその理由をご紹介します。

 

脱毛の痛み、麻酔クリームやテープ麻酔の効果はあまり無い。

脱毛をする際に、麻酔クリームや麻酔テームでの表面麻酔を使いたい。と思われる方も多いかと思いますが、

実は、痛みを軽減する効果はあまり期待できません

医療レーザー脱毛は、毛根までレーザーの熱が届き、毛根の周辺組織を焼ききる(熱変質させること)ことで毛が二度と生えてこないようにする方法です。

では、皮膚から毛根までの距離はどの程度か、というと毛根の深さは陰部(VIO)や脇で約3.5mm程度

(腕毛なんかは浅くて2.0mmくらい)

対して、表面麻酔が効くのは、皮膚の表面から0.1mm〜0.3mm程度の深さで、表面麻酔では到底カバーしきれないのです。

 

歯医者の無痛治療の仕組みを例に出すと、

あれは、まず表面麻酔をして、麻酔が効いてきたころ(だいたい5分)に、皮膚の表面から0.3mmを超えない程度の深さで、注射での麻酔を慎重にするわけです。

で、注射の麻酔が効いてきたら、更に深い所に麻酔を効かせる為に、麻酔が効いている範囲に対して慎重にもう一度、注射での麻酔を行うわけですね。

 

表面麻酔だけだと、文字通り表面しか麻酔が効かないので、レーザー脱毛の痛みはほとんど回避出来ません。

 

なので、医療レーザーで脱毛する場合、麻酔をすれば痛みは全然平気だろう。

と思っていると、えらい目にあいます。

表面麻酔をしても、普通に痛いです。

かと言って、歯医者のように注射での麻酔を行うには範囲が広すぎる&さすがに注射での麻酔は医師がやらなきゃならないので、コストや手間の面から、そういう事を行っているクリニックは無いです。

 

逆に言えば、なんとか皆さんVIO脱毛等の痛みに耐えることが出来ている。ということです。

VIO脱毛で言えば、一番痛いIラインで5分〜10分程度の照射で終わりますから、我慢出来るでしょう。

(痛い場合は、ヤケド等のリスクもあるので、我慢しすぎず看護師さんに伝えましょう。)

 

脱毛で笑気麻酔を薦められる事もありますが、どちらかと言えば笑気麻酔のほうがオススメ。

笑気麻酔は、ガスを吸うことで、頭がボーっとしてくるような感じなので、

恐怖心や体の緊張がほぐれるという効果があります。

どうしても緊張して体が強張ってしまったり、施術されている部位を意識しすぎることで、痛みを余計に強く感じる。ということがありますから、

どちらかと言えば、表面麻酔よりも、笑気麻酔のほうがオススメかもしれません。

と言っても、脱毛の場合の笑気麻酔は、かなり低濃度なので、痛みを抑える。というよりは、緊張をほぐすという効果を期待して行う感じです。

(意識がほぼ無くなってしまって痛みを一切感じなくなるのも、それはそれでヤケド等の危険が増すので。)

 

まとめ

多くのクリニックは、お客様の取り合いなので、

麻酔があるから安心。だとか、麻酔があるので痛みの心配はない。というように、誇張した事を言っているケースがありますが、

あまり麻酔に期待しすぎるのは良くないです。上で言ったように、脱毛の場合の麻酔の効果ってあまり期待出来ませんから。

また、こちらが希望していないのに、麻酔を必要以上にオススメしてくる場合も要注意です。

脱毛の麻酔って保険が効かないので、1回2,000円〜3,000円くらいの値段なんですよね。6回やれば12000円〜18000円くらい料金を余計に払わないといけなくなるので、コストの面からもオススメ出来ません。この費用を上乗せして、回数を増やしたほうが良いです。

関連する記事

ダイオードレーザー脱毛の効果と口コミ

アレキサンドライトレーザーの脱毛効果の口コミ

ヤグレーザーの脱毛の効果と口コミ

アリシアクリニックでVIO脱毛込みの全身脱毛してみた【1回目施術編】

おすすめの記事

【画像アリ】アリシアクリニックでVIO脱毛してきた【1回目施術編】

【ちゃんとした】湘南美容外科クリニックでVIO脱毛してきた【口コミ】

湘南美容外科クリニックのVIO脱毛のまとめ

陰毛の脱毛をエステからクリニックの乗り換えた理由

東京でソプラノで脱毛するならレヴィーガクリニック!

フォローしてね!

VIO脱毛ちゃんねるは、VIO脱毛に関する情報を分かりやすく解説する総合情報サイトです。