VIO脱毛の総合情報サイト | VIO脱毛ちゃんねる

埋れ毛があっても医療レーザー脱毛はできる?

埋れ毛 脱毛

医療レーザー脱毛を予約したけど、今までずっと毛抜きで抜いてきた名残で埋れ毛(埋没毛)が結構あるんだけど、これはそのままで大丈夫なのかな…。

こんな風に、医療レーザーで埋れ毛が脱毛出来るのかどうか気になる方は、案外多いのではないでしょうか。

今回は、埋れ毛が出来るメカニズムから、埋れ毛がある場合医療レーザー脱毛は出来るのかどうか。など、詳しく解説します。

 

埋れ毛が出来やすいのは、毛が太くて、毛根が深い、脇やVIOのムダ毛

埋れ毛は、脇や陰毛(VIO)などに特に出来やすいです。男性の場合は頬や顎などの髭にも埋れ毛は出来やすいですね。

対して、腕の毛や足の毛なんかには埋れ毛はできにくいです。

 

この理由は下記の2点です。

・毛が太いので、毛が抜けて締った毛穴をうまく通過出来ずに、皮膚の中に残ってしまう。

・脇やVIOなどの毛は、毛根から毛穴までの距離が長いので、埋もれやすい。

 

この部位は埋れ毛が出来やすいので、抜くよりも剃ってケアする。早めに医療レーザーで脱毛してしまうのがベストだったりします。

 

埋れ毛にも医療レーザーの効果はアリ

既に埋れ毛がある場合、医療レーザーで脱毛するとどうなるか解説していきます。

医療レーザーは、メラニンの色に反応します。このレーザーは皮膚自体も通過するので、埋れ毛であっても黒い色が目指できるレベルだったら、レーザーは到達しますし、毛根を死滅(熱変性)させるのに十分な熱は届きます。

毛根さえ死滅すれば二度と毛は生えてきませんから、その毛根の脱毛は完了します。

なので、埋れ毛に医療レーザーを当てると、脱毛自体の効果は十分にあります。

 

しかし、他の毛は医療脱毛後2週間くらいで抜けてきますが、埋れ毛は、抜け落ちずに皮膚の中に残ってしまいます

また、埋れ毛が肌の中で残ってしまう状態なので、ニキビや炎症の原因になりますから、出来れば後述する事前のケアで埋れ毛ができにくい肌環境を整えるようにしましょう。

 

脱毛後に残った埋れ毛はどうなるの?どうすればいいの?

では、残ってしまった埋れ毛はどうなるのか。

ネット上では、埋れ毛は体の中に吸収されて無くなる。というような事を仰る方も居ますが

これはあり得ません。デマです。

埋れ毛は、皮膚を切るなり破るなりして外に取り出さない限りは、出てきてくれません。

なので、脱毛後に残ってしまった埋れ毛は、

皮膚科で抜いてもらうと良いでしょう。

無理やり皮膚を傷つけると、皮膚の炎症や可能の原因になりますから、おすすめ出来ません。

 

脱毛の前に埋没毛をなんとかするには?

このように、脱毛後に埋没毛を処理するのはなかなか手間なので、

脱毛の前に埋れ毛をなんとかしておきたいと思われる方が多いと思います。

この場合に注意したいのは、肌を出来るだけ傷つけないことです。

自分でやる場合、アカスリ用のタオルなどで表面をこすると、埋れ毛が表面に出てくるので、オススメです。

後は、スクラブ入りの石鹸の泡で優しく擦ると、同じように埋れ毛が表面に出てくることも!

後は、皮膚科の先生に処理してもらうのも手。

ちなみに、

脱毛の前に、埋れ毛を抜いてしまうと、その毛根は脱毛できないので、

抜かずに表面に毛をすまでに留めるようにしましょう。皮膚科でお願いする場合もそう相談しましょう。

 

関連する記事

ダイオードレーザー脱毛の効果と口コミ

エピレやTBCの勧誘は酷いのかどうかについて

アレキサンドライトレーザーの脱毛効果の口コミ

永久脱毛を安い料金に抑えるには

おすすめの記事

【画像アリ】アリシアクリニックでVIO脱毛してきた【1回目施術編】

【ちゃんとした】湘南美容外科クリニックでVIO脱毛してきた【口コミ】

湘南美容外科クリニックのVIO脱毛のまとめ

陰毛の脱毛をエステからクリニックの乗り換えた理由

東京でソプラノで脱毛するならレヴィーガクリニック!

フォローしてね!

VIO脱毛ちゃんねるは、VIO脱毛に関する情報を分かりやすく解説する総合情報サイトです。