メンズ脱毛ちゃんねる

メンズ脱毛ちゃんねるは日本男子総ツルツルを目標とする男性脱毛情報サイトです。

彼女や奥様とのマンネリ解消にはマットプレイが最強

   

彼女や奥様と夜の生活がマンネリ化している…。

彼氏や旦那にドキドキしなくなってきちゃった…。

そんな殿方or淑女にオススメなのが、マットを使ったローションプレイです。

 

話がいきなり逸れて恐縮ですが、最初はこんな記事を書くつもりではなく、

筆者は全身脱毛(パイパン含む)してツルツルの肌の状態になっているんですけど、ローションプレイがしたい。マットプレイがしたい。という欲望が抑えきれなってしまったんですね。

ちょー気持ちよさそうじゃないですか。毛がない同士のマットプレイ。

で、嫁を無理やり誘ってマット付きのラブホテルに行ってローションマットプレイをしてきたんですけど、これがすごい良かったんですよ。

この感動を、脱毛して全身ツルツルの殿方はもちろん、色んな方に知ってもらいたいと思い、

・マットプレイをするまでの準備方法

・カップルや夫婦でのマットプレイのやり方

・なぜ、マンネリ解消になるのか。

の3点を解説したいと思います。

 

ラブホテルに行きました。

行ってきたよ。ということで、まずラブホテルの写真を7枚ご紹介。

今回、おじゃましたラブホテルは、Jyedoさんです。

卑猥な感じがいいですね。ほんと。

 

ラブホの精算機

ゴリヨウリョウキンハ、ハッセンロッピャクエンデス

 

ラブホのシャンデリア

卑猥なギラギラシャンデリア

 

ラブホのライター

ライターon灰皿

 

ラブホのエロ自販機

もう少し詳しい商品の説明が欲しい

 

ラブホのエヴァのスロット

ラブホでやる人いるんスかね?

 

ラブホの天蓋付きベッド

わー、お姫様みたいー(棒)

 

ラブホのコンドーム

信頼と実績のオカモト製

 

ラブホのジャグジーバス

ジャグジー付き風呂

 

マット有りのラブホテルの探し方

ただのローションプレイじゃ意味がないんですね。マットの上でローションプレイをしないとダメです。

マット有りのラブホテルは意外に多いので、探すのはそんなに難しくないですが、探し方を一応ご紹介します。

ハッピー・ホテルさんのこのページから検索できます。

普通に、【ラブホ マット 地域名】でGoogleとかで検索しても出てきます。

 

下準備:ローションと風呂用洗剤とスポンジを買いに行こう!

ラブホテルに備え付けられているマットほど怖いものはないです。

むっっちゃくちゃ汚れてそうじゃないですか。

まあ、実際に汚れてたんですけど。

なので、風呂用洗剤とスポンジは絶対に必要ですね。自分の場合は、30分くらい洗いました。

マットを買っちゃうっていう手もありますね。持ち運びと保管が大変ですが。。。

 

後、ローションも必須です。

業務用のローションが手に入れば一番いいかもですが、うちの場合は普通に薬局でソフトオンデマンド製のローションを6本買いました。実際に6本も必要なかったですが…。3本で十分でしたね。

ローション

6本

 

※彼女さんや奥様は、化粧が取れる可能性が限りなく高いので化粧品は持って行きましょう。

 

一緒にソープモノのAVを見よう。

ソープモノのAVでローションを使ったヌルヌルのマットプレイってどんなもんなのか一緒に勉強しましょう。

オススメは、ソープで実際に働いているお姉さんがソープ未経験のAV女優の方に教える講習のセクションが入っているAVがいいです。

DMMの動画検索で【ソープ 講習】で検索すれば一発です。

お好きなものを見ましょう。

 

【実践】マットプレイをやってみよう!【方法】

ラブホのマット

マットです。ちょっとちっちゃかった。

 

さて、下準備もしてマットプレイがどんな感じなのか勉強したら、いざマットです。

お風呂は絶対に溜めておいてください。室温が上がるので、マットで寒くないですし、後で説明しますが、お風呂溜めてないと終わってからが大変です。

 

体を洗いましょう

体を洗いっこするといいですね。ボディ洗いもAVで見ましたね?やってみてもいいですね。

 

一緒にお風呂に入りましょう

体が冷えていると、マットの上で寒くなってしまいますから、お風呂にゆっくり浸かって体の芯まで温め合いましょう。

 

ローションとマットの準備をしましょう

男性でも女性でもいいので、ローションとマットの準備をしましょう。

まず、ローションを風呂桶に出して、約2倍くらいにお湯で伸ばして下さい。

お湯とローションを混ぜるときは、桶の中でイートーマキマキ的な感じで手をクルクル回すといいですよ。

ローションを入れた図

ローションだけ入れた図

 

ローションをお湯で伸ばした図

ローションをお湯で伸ばした図

 

ローションを伸ばしたら、まずは、マットに薄く塗りましょう。

マットの面積にもよりますが、両手いっぱい分くらいで十分ですね。

ローションをマットに塗り終えたら、ハンドタオルを2枚重ねて、枕の代わりに置きましょう。

備え付けのバスタオルに余裕があるタイプのお部屋なら、バスタオルでもOKです。

このタオルがお互いのツルッと滑るのを防いでくれる最後の砦になりますから、絶対に忘れないで下さいね。意味が分からないかもしれませんが、やれば分かりますよ。

 

プレイ開始

では、いよいよプレイ開始です。

相手にマットに寝てもらってローションをマッサージするように塗って、自分にもローションを塗りましょう。

私のオススメは、やはり男性から見本を見せることですね。

ソーププレイorマットプレイというと、男性が受け身で女性が責め。というのを想像されるかもしれませんが

風俗じゃなく、恋人同士ですから、お互いにやればいいと思うんですね。

男性の方が体幹が強いので、ツルッといきにくいですから、男性が先にやってみると良いでしょう。

AVで勉強しましたから、ここからはお互いに好きなようにプレイすると良いです。

私からのアドバイスは、『顔とか髪とか唇とかローションまみれになろうが、気にしないこと』です。

もう、日常は忘れて下さい。

 

終わったらすぐに風呂にドボ~ン

ローションの海で愛を確かめ合い、快楽を貪り合ったら、ローションは落とさずに、お風呂に入ってしまいましょう。

ツルッとお風呂に滑りこむ感じで。

体についたローションは非常に落ちにくいので、お風呂の中でハンドタオルで体をこするようにローションを落とすといいです。

シャワーでローションを落とすより3〜4倍早くローションを落とすことが出来ます。

 

ローションマットプレイ、ハンパない

ローションマットプレイ、むちゃくちゃ気持ちいいです。

お互いの肌がヌルヌルするローションの感覚はもちろんなんですけど、

最初は、お互いに手探り状態でしたが、ローションで顔とか髪とかグチャグチャになってくると、

『もう、どうでもいいや』と、お互いに大胆になってくるんですね。

こうなると、今風に言えばお互いにゾーンに入った状態ですね。

ローションが気持ちいいっていうか、俺がローション、お前もローション、俺もお前もローション。世界はローション。って感じです。

これはね、やってもらわないと分からないと思うんですよ。皆さんにやってもらいたいです。

僕の場合、普段の4倍くらいの量が出ましたね。ビックリですよ。

 

マンネリ解消にすごく良いなと思った理由

このローションプレイがマンネリ解消にすごく良いな。と思った理由をまとめました。

 

相手の存在自体が気持ちいい。

肌が触れ合ってるだけでローションパワーでむちゃくちゃ気持ちがいいんですね。存在自体が気持ちいいので、ハグするだけで幸せな気持ちになれます。

まあ、マットの上でハグするのも大変なんですけどね。大変だからこそ、ハグした時の幸せ具合がヤバい。というか、そういうのもいいです。

 

気持ちよくなるためにお互い必死

ローションの気持ちよさと、気持ちよくなるための頑張りのバランスが絶妙なんですね。お互いに必死にならないと気持よくならない。っていう。これぞ、ギブアンドテイクという感じ。

 

お互いに気遣う。感謝の気持ちが芽生える。

ローションベトベトのマットの上は、死と快楽が隣り合わせの特異な空間です。

ツルッと滑って打ちどころが悪かったら死ぬ可能性もあるので、お互いにすごく気遣いをします。

相手への感謝の気持ちが強く芽生えるんですね。

 

大胆になれる。

ローションでベトベトになると、どうでも良くなってくるので、普段より俄然大胆になれます。

 

まとめ

マットプレイ、おすすめです。

最初はそんなに乗り気じゃなかった嫁も、またしたい!とノリノリになっていました。

この記事を読んだ人は、彼女や彼氏や配偶者にこの記事をLINEで送って明日にでもやって下さい。

最後に、1日娘を預かってくれたお義母さん有難うございました。

以上、お読み頂き有難うございました。

 - エッチな小話

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

関連記事はありませんでした